Amazon ゴールデンウィークスマイルセール開催予定!(4/19 9:00~)

かなでもの ラバーウッド ブラウン レビュー。安価な高品質デスク。

  • URLをコピーしました!

こんにちは、Amachanです。先日、かなでものラバーウッド ブラウンの天板を購入しました。

私の場合は昇降式デスクのDIY用にブラウンカラーの天板を探しており、175cmの大きな横幅で頼めることや(ラバーウッドは180cmまで対応)、サンプルを頼んで色味が気に入ったことから、最終的にかなでもののラバーウッド ブラウンにしました。

デスクの天板は選択肢が多く、どこの天板を買うか非常に悩んだ末の購入だったため、同じくブラウンカラーの天板を探している方や、かなでもののラバーウッド ブラウンの購入で悩んでる方の参考になればと思い記事にします。

結論としては、私は見た目、使い勝手、頑丈さ、価格全ての面において満足しています。

私の場合は天板のみを購入しているため、本記事は主に天板のレビューになりますが、もちろん脚つきのテーブル(デスク)も同様の天板を使用しているため、かなでもののラバーウッドデスクの購入を検討されている方も参考になると思います。

目次

かなでもの ラバーウッド ブラウン デスク / 天板 の特徴

まず、かなでもの ラバーウッド ブラウンの特徴を簡潔にご紹介します。

かなでもののラバーウッド ブラウンは、自由なサイズでオーダー出来る、傷に強い温かみのある木製デスクとなっています。オーダー式のデスクとしては安価です。

  • かなでもののデスクは自由なサイズでオーダーが可能
  • 安価でコストパフォーマンスに優れている
  • ラバーウッドは傷に強い上部な素材で作業用デスク向き
  • 発色の良い赤みがかったブラウンで、木材の温かみと高級感が両立した良カラー

一つずつ説明していきます。

かなでもののデスクは自由なサイズでオーダーが可能

かなでもののデスクは今回レビューするラバーウッド ブラウンに限らず、対応する範囲内で自由に幅と奥行きを1cm単位でオーダー出来ます。

既製品のように既にあるサイズ展開から選ぶのではなく、自分の部屋にあったサイズでデスクを購入出来るため、スペースを最大限有効活用することが出来ます。

かなでものの公式サイト。スライダーでサイズの設定が可能。

今回紹介するラバーウッド ブラウンの場合は、横幅100cm~180cm、奥行66cm~80cmの範囲でサイズを選択することが可能です。

安価でコストパフォーマンスに優れている

ラバーウッドの大きな特徴として、デスクに使用される木材の中ではかなり安価です。

実際ラバーウッドはかなでもののデスクの中でも最安となっています。また、かなでもののデスクは標準で塗装が施されている為、追加の塗装料金も不要となっています。

ちなみに私が天板を探す中で調べた限りでは、ラバーウッド+塗装の組み合わせの場合、どこもかなでものと同価格帯に落ち着いていました。

ラバーウッドは傷に強い上部な素材で作業用デスク向き

かなでもののラバーウッド ブラウンの素材は、名前の通りラバーウッド(ゴムノキ)です。天板の木材は色々な種類がありますが、中でもラバーウッドは頑丈な木材です。傷が付きづらく、何かしら作業を行うためのデスクに向いています。

また、かなでもののラバーウッド天板は集成材といって、複数個の木材を1つの天板に加工してある商品です。集成材は1枚板の天板に比べて、乾燥や湿気による反りの影響が少なく、より長持ちしやすいと言えるでしょう。

発色の良い赤みがかったブラウンで、木材の温かみと高級感が両立した良カラー

ラバーウッドは本来明るいナチュラルカラーですが、かなでもののラバーウッド ブラウンは発色のよいチークブラウンカラーに塗装されています。

次に写真と一緒にどのようなカラーかご紹介しますが、木材の温かみを残しつつ、高級感もある秀逸なカラーとなっています。

かなでもの ラバーウッド ブラウンのサンプルを頼んでみる

私がかなでもののラバーウッド ブラウンを購入する上で一番懸念していたのが色味です。

ラバーウッド ブラウンは公式サイトの写真ではかなり赤みが強く、少々暗めな印象になっています。一方、SNSやレビューに掲載されている写真を確認するともう柔らかい色味に見え、色味の判断が付きませんでした

公式サイトの写真。結構赤黒く見える。

とりあえず実物を見てみないと判断できなかった為、サンプルを注文しました。

ちなみにサンプルは1枚550円で送料は無料です。急ぎでない場合は一度サンプルを頼むと良いです。実際のモノでイメージと合うか確認できますし、サンプルの木材は何かと使えます。(例えば鬼目ナットの取り付け練習とか)

私の場合は注文から大体5日後くらいに自宅に届きました。

かなでもののサンプルは不要になった木材を使っているそうなので、注文したタイミングにより遅い場合もあるようです。実際に到着したかなでもののサンプルがこちらです。

かなでもの ラバーウッド ブラウン サンプル

サンプルのサイズは150mm×150mmで、厚みは25mmでした。公式サイトの記載によると、厚み30mmのサンプルが届く場合もあるそうです。実際の天板の厚みは30mmなのでご注意ください

実際に届いたサンプルの色味は、想像よりも柔らかく温かみがあり、非常に綺麗な色でした。

公式サイトの写真の色味が実物とかけ離れている訳ではありませんが、光の当たり方でしょうか?どちらかというと公式サイトの写真よりも、レビューに乗っている写真に近い印象に感じました。少し赤みが強いブラウンで、木材の温かみが残っています。暗すぎず明るすぎない絶妙な塩梅です。

触り心地はサラサラで木材の繋ぎ目はほぼ感じません。

つなぎ目に段差はありません

同時に取り寄せた ウォールナット(突板) のサンプルと並べたイメージです。

左 ラバーウッド ブラウン 右 ウォールナット(突板)。余計なものが映っててすみません。

ラバーウッド ブラウンは彩度が高めなことがよくわかります。

ですので、落ち着いた暗めのブラウンを求めている場合は少しニーズと異なるかもしれません。やはり実際にサンプルを取り寄せてみるのがおすすめです。

私の場合はサンプルを見てラバーウッド ブラウンの天板を注文することにしました。ウォールナットも深みがあり非常に素晴らしかったですが、やはり価格が決め手です。

かなでもの ラバーウッド ブラウンの天板到着 & 組み立てたデスクのご紹介

届いた天板がこちら。

かなでもの ラバーウッド ブラウン

綺麗に梱包されています。

大型の商品としては珍しく、注文時に日付&時間帯指定が出来たので非常に助かりました。

大型家具は時間指定出来なくて1日拘束される…なんてザラですからね。到着後に組み立て作業をしなくてはならないので、休日の朝から作業ができるのはありがたいです。

そしてこちらが実際にラバーウッド ブラウンの天板を使って完成したデスクです。今回私が購入した天板のサイズはW175cm×D70cm×H3cmで、デスクとしては大型。

かなでものラバーウッド ブラウンを使ったデスク

先にも記載しましたが、私の場合は昇降式デスクにしたかったので、天板はかなでもののラバーウッド天板を使い、脚はFlexispotのE7を使っています。

組み立ての際は鬼目ナットを使って容易に取り外しできるようにDIYしました。

こちらの手順については別記事で詳細にまとめています。Flexispotを使う予定の方は勿論、単純に天板に穴を開けようとしている場合は参考にできるかもしれません。初心者でも意外と簡単でした。

あわせて読みたい
FlexiSpot E7 鬼目ナット組み立て方法【失敗しない】 こんにちは、Amachanです。 先日ですが、FlexiSpot E7とオーダーメイド天板で大型の昇降デスクをDIYしました! FlexiSpot E7に天板を付けるにあたって「どうやって穴を...

肝心のかなでもののラバーウッド ブラウンは、サンプル通りの期待した雰囲気で大変満足しています。参考に、各照明ごとの映り方を載せておきます。

自然光での見え方
間接照明(暖色系)での見え方
間接照明(白色系)での見え方

サンプル同様に天板はサラサラの触り心地で、木の繋ぎ目の段差はほぼありません。

ただ、場所によっては木目で微かに段差が感じられる箇所があります。爪でなぞって僅かに引っ掛かりを感じる程度なので、普通に文字を書いたりする分には問題ないレベルですが、完全に平らなものを期待している方はサンプルなどでチェックしておくと良いと思います。

サンプルと違いサイド部分は綺麗に処理されていました。角はデフォルトで面取りR2になっています。

面取りは注文時にあまり気にしていなかったのですが、オプションで面取りR5にできるようなので、お子さんがいる方や優しい触り心地が好みな方は面取りR5オプションを付けると良いと思います。私はR2で特に問題ないと感じました。

写真はデフォルトの面取りR2で

また、天板に配線用の穴をあけたりスリットを入れたりといったオプションもあるようです。

私はスリットを入れても良かったかなと購入後に感じました

私の場合はFlexispotで昇降デスク化していますが、デスク後部に余裕があまりなく、昇降させる際にケーブルがすれてしまうからです。とはいえ、それぞれの環境によりけりなので、購入前にデスク後ろのスペースをどれくらい開けるのか?配線はどうまとめるのか?といった点をよく検討して決めると良いと思います。

ラバーウッド天板の注意点として、非常に重いです。

注文するサイズにもよりますが、一般的な横幅140cmほどのデスクでも天板だけで20kg前後になると思います。形も持ちづらいので、1人で持ち運ぶのは難しいです。特に設置場所が2階以上の場合は、運搬方法を事前にチェックして準備しておくと安心だと思います。

デスクを起こすのは出来れば2人が良い

まとめ

かなでもののラバーウッドの天板を購入して大変満足しています!

安価ながら頑丈で長持ちが期待できるし、見た目も綺麗で触り心地も良い。コスパ抜群です。改めてかなでもののラバーウッド ブラウンの天板(デスク、テーブル)の特徴は以下の通りです。

  • かなでもののデスクは自由なサイズでオーダーが可能
  • 安価でコストパフォーマンスに優れている
  • ラバーウッドは傷に強い上部な素材で作業用デスク向き
  • 発色の良い赤みがかったブラウンで、木材の温かみと高級感が両立した良カラー

この天板はFlexiSpotを使った昇降デスクに使いました。お気に入りの天板で昇降デスク化もおすすめです。

あわせて読みたい
【レビュー】昇降デスクFlexiSpot E7を実際に1年使った感想 電動昇降デスクの人気機種であるFlexiSpotのE7をPCデスクとして導入して、1年ほどがっつり使いました。FlexiSpot E7を導入してどう変わったのか、この記事にまとめたい...

重いデスクにはキャスターより床を傷つけないカグスベールがおすすめです。

あわせて読みたい
【FlexiSpot】キャスターはフローリングに傷がつく?カグスベールがおすすめ! FlexiSpotのデスクは、サイズにもよりますが天板と合わせて50kg前後にもなります。かなりの高重量なので、模様替えをする際の移動は一苦労。 それを解決するアイテムと...
FlexiSpot関連記事はこちら!

FlexiSpotの購入を検討する

あわせて読みたい
【比較】FlexiSpotの電動昇降デスクの選び方とおすすめモデル 昇降デスクで有名なFlexiSpot。いざ購入を考えた時に、モデルが沢山あってどれにするか迷いますよね。 この記事では、おすすめ機種を含むFlexiSpot主要13機種を比較して...

FlexiSpotに好きな天板を付ける

あわせて読みたい
FlexiSpot E7 鬼目ナット組み立て方法【失敗しない】 こんにちは、Amachanです。 先日ですが、FlexiSpot E7とオーダーメイド天板で大型の昇降デスクをDIYしました! FlexiSpot E7に天板を付けるにあたって「どうやって穴を...

FlexiSpotをもっと便利に

あわせて読みたい
FlexiSpotのデスクと合わせて使えるおすすめアクセサリーまとめ 昇降式デスクであるFlexiSpot。FlexiSpotを導入するだけでもデスクは便利になりますが、どうせならアクセサリーを追加して更に便利にしたい所。 この記事では、FlexiSpo...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次