Amazon Fashion×夏先取りタイムセール祭り 6/21(金) 9:00~ 事前エントリー受付中!

Amesobaのデスクシェルフをレビュー。国内で買える海外ライクなデスクシェルフ

  • URLをコピーしました!

今回はじわじわと話題になっているAmesobaのデスクシェルフをレビュー。

結論としては、価格と高級感のバランスが良い国内で買える海外ライクなデスクシェルフです。

メリットデメリット
高級感のある天板
収納性の高さと自由度
海外製品と比べて価格が安く、国内のAmazonで買える
初期不良があっても日本語でサポートが受けられる
2年保証、1か月は返金保証
脚やトレイなど若干チープな面もある
Amesobaのデスクシェルフ メリット・デメリット

デスクシェルフの顔である天板はしっかり高級感を持たせつつ、トレイや脚など比較的目立たない場所でコストダウンしている印象。国内で買えるデスクシェルフとしては目立った弱点もなく、海外で同等品を買うより安く済む。返金保証もあるので、初めてデスクシェルフを導入してみる場合におすすめ。

amesoba 木製 モニタースタンド 卓上 デスクシェルフ (Lサイズ, ダークウォールナット)
created by Rinker
目次

Amesobaは国内で買える海外ライクなデスクシェルフ

今までは、天板が木製で高級感のあるデスクシェルフを買おうと思っても国内製品がなく、それなりに高い海外製品を選ぶしかなかった。

そんな中、今年ついに日本ブランドである”Amesoba”から海外ライクなデスクシェルフが登場。

木製の天板にトレイがついたデスクシェルフが2万円以下で、Amazonで簡単に手に入るのは海外デスクシェルフに数万円使ってきた筆者からすると衝撃。

ちなみに今回、特に案件ではなく興味本位から購入しています。

サイズ展開は2種・カラー展開は3種類

Amesobaのデスクシェルフは、FullとMiniの2サイズ展開

どちらのサイズも奥行と高さは変わらず、横幅が違う形。Miniは全面にトレイが付いている為、高さのあるものはしまえない点に注意。

また、カラー展開も差があり、執筆時点でFullは3カラー展開ですがMiniはダークウォルナットのみとなっています。

デスクに収まるならFullサイズの方がおすすめです。

Amesoba Full
Amesoba Mini
スクロールできます
FullMini
サイズ11cm × 23.5cm × 107cm11cm × 23.5cm ×60cm
カラー展開ダークウォルナット
ホワイトオーク
オールホワイト
ダークウォールナット
購入はこちら購入はこちら
Amesobaデスクシェルフのサイズ展開

ダークウォルナットカラーのみ、あわせて使えるアクセサリーも展開あり

Amesoba アクセサリー4点セット

現在はダークウォルナットのカラーのみですが、デスクシェルフと合わせて使えるアクセサリー4点セットも展開があります。

  • ラップトップスタンド
  • ウールマット
  • デスクトレイ
  • ペンスタンド

まずはデスクシェルフを購入してみて、気に入ればアクセサリーセットも追加で導入すると更に便利にデスクを活用できそうです。

amesoba 木製 モニタースタンド 卓上 デスクシェルフ (Lサイズ, ダークウォールナット)
created by Rinker

Amesobaのデスクシェルフを開封/組立て

Amesobaのデスクシェルフが到着

Amazonで注文したAmesobaのデスクシェルフが早速到着。筆者が購入した時は在庫を頑張って作っている最中みたいな感じで、1か月くらいかかったんですが、執筆中現在では普通に在庫があるようで、Amazonの倉庫から数日で届くようになっています。

今回購入したのはLargeサイズ、ウォールナットのモデル。

Amesobaのデスクシェルフの付属品

Amesobaのデスクシェルフの付属品は以下の通り。

  • 木製天板
  • トレイ
  • 脚×2
  • 円形支柱×2
  • 組立て用ドライバ
梱包はとても丁寧
付属品

日本の製品らしく梱包がとても綺麗です。

Amesobaのデスクシェルフの組立

シェルフの組み立てはとても簡単で、付属のドライバでパーツを取り付けていくだけ。

付属のドライバでパーツを取り付けていく

天板に脚とトレイを取り付ければ完成です。

デスクシェルフが完成

Amesobaのデスクシェルフをレビュー

設置したAmesobaのデスクシェルフ

組立てが終わって早速設置、使用してみたAmesobaのデスクシェルフをレビューしていきます。

Amesobaのデスクシェルフのメリット・デメリット

まずはAmesobaのデスクシェルフのメリット・デメリットを整理してみましょう。

メリットデメリット
高級感のある天板
収納性の高さと自由度
海外製品と比べて価格が安く、国内のAmazonで買える
初期不良があっても日本語でサポートが受けられる
2年保証、1か月は返金保証
脚やトレイなど若干チープな面もある
Amesobaのデスクシェルフ メリット・デメリット

まずはやはりこの手のデスクシェルフが2万以下で、国内で買えるっていうのは大きなメリット。初期不良があっても日本語でサポートが受けられるから、海外製品はちょっと心配っていう人でも安心。

保証は2年ついているし、最初の1か月であれば理由問わずに返金保証。もし買ってみて思ったものと違っていても安心です。

肝心のデスクシェルフはというと、顔となる天板はしっかり高級感があって満足できる良い出来。トレイもスタンダードな形でついていて、デスクシェルフ自体の利便性に不満は出づらいと思った。

デメリットとしては、安いので仕方ないけれど脚やトレイ、天板裏では若干コストカットを感じました。それでも目立たないように工夫されていて、気にしなければ気にならないんじゃないかなとも思います。

Amesobaのデスクシェルフを実際に使った感想

Amesobaのデスクシェルフを実際に使った感想としては、以下の通り。

高級感のある天板の質感に、綺麗に処理されたエッジ

天板の質感、塗装は素晴らしい

デスクシェルフの最大の顔となる木製の天板は、この価格とは思えないくらいしっかり高級感のある天板に仕上がっています。ぶっちゃけ、コストの大部分はここにかけているのではないでしょうか。

安っぽさは感じません
全体像

天板は合板のため、木材を層に重ねた構造になっています。エッジでその様子が伺えますが、綺麗に処理されていて特に安っぽさは感じません。高価格帯のデスクシェルフと比べても遜色ないと感じました。

エッジの処理
エッジの処理

Grovemadeのデスクシェルフと天板を比べてみると、若干赤みが強いように感じました。

上がAmesoba、下がGrovemade

木目の迫力はGrovemadeの方があるものの、Amesobaの方が落ち着きがあるという感じ。これはどちらが良いというよりかは好みですかね。表面の塗装自体は綺麗で価格を考えたら比較できるのが凄いくらいです。

手触りもサラサラ

収納性が良く傷対策が取られたトレイに、十分なスペース

Amesobaのデスクシェルフは収納性が高い

デスクシェルフを設置する大きなメリットが収納が増える点。Amesobaのデスクシェルフもしっかりトレイがついています。小物や資料を手元に収納してすぐ取り出せるので、実は机の引き出しより便利だったりします。

あわせて読みたい
デスクシェルフを使うメリット・デメリットは?モニターアームは干渉する? 最近使用ユーザーが増えてきているデスクシェルフ。デスクシェルフの導入を考えている方向けに、デスクシェルフのメリットとデメリットについてまとめました。 最終的な...

Amesobaのトレイはしっかりとフェルトがついていて、置くものに傷が付かないよう配慮されています。

トレイは小物がしっかり入る
フェルトで傷防止も

トレイは横幅47.5cm、奥行23.5cm。A4の資料も楽々入ります。

また、トレイは半分で収まっているのでもう半分はフリースペース。高さのあるものを格納できるので、自由度が高くて非常に使いやすいデスクシェルフに仕上がっています。

右側の空間は広く使うことが可能

注意したい点としては、トレイがある側の下段は高さがあまりないため、マウスなどは薄いものでないと収まらなそうです。

マウスは薄めのものでないと入らない。フレキシブルに使いたい方は注意。

天板裏、トレイなど目立ちにくい部分はチープに感じる

Amesobaのデスクシェルフのデメリットは、天板裏、トレイが少しチープなこと。

裏面は塗装なし
トレイはプラスチック

価格が安いのでどこかでコストカットされているのは当然ですが、高級感を求める方は注意しましょう。

チープさは感じるものの、目立たない部分でうまくコストカットしている印象です。

脚などは安っぽくはないものの、高級感はないかなという印象です。真ん中の円形支柱は少しチープさを出してしまっているかなと感じました。

脚は及第点だが、高級デスクシェルフと比べると見劣りはする

購入時は奥行に注意しよう

これはAmesobaのデスクシェルフだから、という訳ではないけれど、デスクシェルフを設置する時はデスクの奥行を測って、デスクシェルフを置いた時にデスクがせまくなりすぎないか注意しておきたい。

Amesobaのデスクシェルフは奥行が23.5cmある為、デスクの奥行は出来れば70cm以上あると望ましいです。ちなみに筆者のデスクの奥行は75cm。これくらいあると十分広いですね。

サイズがネックな場合はデスクシェルフをDIYしてみるのもあり。以前奥行狭めのデスクシェルフをDIYした時の記事はこちら。

あわせて読みたい
【自作】デスクシェルフをDIY!高級感のある木製シェルフを安く作る 家族がデスクシェルフを欲しいと言っていたものの、使っているデスクの奥行が55cm。 一般的に販売されているデスクシェルフは奥行が22~26cm前後のものが多く、奥行が狭...

まとめ

結論としては、価格と高級感のバランスが良い国内で買える海外ライクなデスクシェルフです。

amesoba 木製 モニタースタンド 卓上 デスクシェルフ (Lサイズ, ダークウォールナット)
created by Rinker

木製天板の海外ライクなデスクシェルフを2万以下でAmazonで購入できて、サポートや保証が日本語で受けられるのは大きなメリット。若干チープな部分もあるものの、目立たない部分でうまくやってくれていて、大きな弱点もないと感じました。

木製のおしゃれなデスクシェルフが欲しいけれど、GrovemadeやBaloloは高すぎるって時におすすめです。

あわせて読みたい
安いデスクシェルフのおすすめ10選! デスクを広く便利に使えるデスクシェルフ。しかし、数万円する高価なものが多いです。 この記事では、Amazonや楽天で手軽に購入できる1万円前半以下のおすすめデスクシ...
あわせて読みたい
Grovemadeのデスクシェルフをレビュー。デスクをアップグレードしてくれるデスクシェルフ 【デスクをアップグレードしてくれるGrovemadeのデスクシェルフ】 今回は以前から気になっていたGrovemadeのデスクシェルフを実際に購入して使ってみたので早速レビュー...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次