【最大30%オフ】FlexiSpotヤフー店セール開催中

トランジットラウンジのキャリーバッグ「リップル」をレビュー!【口コミ】

  • URLをコピーしました!

先日、新幹線を使った3泊4日の国内旅行に行ってきました。

今まで旅行はかなり大き目の登山リュックで何とかしていたのですが、2泊以上となると流石にキャリーバッグが欲しいなぁと感じていました。

あまちゃん

リュックが重くて観光地に着く前に疲れちゃうんだよね…

という訳でお店で色々見て購入した「トランジットラウンジ」のキャリーバッグ、「リップル」をレビューします!

結論、トランジットラウンジのリップルは安くて使いやすいキャリーバッグで、旅行先への移動が快適になりました!購入するサイズにもよりますが3泊~5泊までの小旅行に最適です。

[トランジットラウンジ]リップル 34L
created by Rinker

この記事でトランジットラウンジのキャリーバッグの紹介や、実際に使ってみた感想を口コミとしてまとめていきます。

ここでちょっとセール・お得情報!

最大30%オフ】FlexiSpot ヤフー店セール開催中!

定番モデルE7や廉価版モデルEF1が30%オフと大変お得に

目次

トランジットラウンジとは?

キャリーバッグで有名なメーカーは多々ありますが、今回紹介するトランジットラウンジはどういったブランドなのでしょうか?

調べた結果、バッグを専門にセレクト・販売を行うSAC’S BARホールディングスのプライベートブランドのようです。

SAC’S BARホールディングスが運営するSAC’S BARは、全国に600店舗以上を構えるバッグのセレクトショップです。

あまちゃん

イオンや駅ビルなどでよく見ますね。

SAC’S BARの公式サイトに「トランジットラウンジ」のブランドの説明は見つかりませんが、今回紹介する「リップル」を含めて、トランジットラウンジのキャスターにはSAC’S BARホールディングスで自社開発を行ったキャスターが採用されているようです。このことから、SAC’S BAR自社で開発・販売を進めているブランドであることが分かりました。

SAC’S BAR - サックスバー ドメス...
カバン屋だから実現したコスパ最強のHIGIシリーズ 「コスパ最強スーツケース☆リップル」 - SAC’S BAR コスパ最強のHIGIシリーズ 私たち鞄屋であるサックスバーが自信を持ってオススメできる、オススメしたい!厳選し

トランジットラウンジ「リップル」について

リップル 34L

トランジットラウンジ リップル

今回紹介するトランジットラウンジのリップルは、1万円以下から購入可能。キャリーバッグとしてはかなり安価です。サイズ展開は34Lと53Lの2種類あります。また、カラー展開が11種類と豊富なのも嬉しいポイントです。

[トランジットラウンジ]リップル 34L
created by Rinker
[トランジットラウンジ]リップル 53L
created by Rinker

選ぶべきサイズは?トランジットラウンジ リップル 34Lと53Lの比較

ご自身の使用目的に合わせてサイズを選ぶために、トランジットラウンジ リップルの34Lと53Lを比較してみましょう。

リップル34L
リップル 53L
リップル 34Lリップル 53L
キャスターを含むサイズ約W37×H54×D24cm総外寸:約W41×H63×D28(32)cm
内容量約34L約53(61)L
重量約3kg約3.6kg
おすすめ泊数1~3泊3~5泊
素材ABS+ポリカーボネイドABS+ポリカーボネイド
ファスナーダブルファスナー式ダブルファスナー式
キャリーバー調整三段階調節三段階調節
鍵ロック機能TSAロック搭載TSAロック搭載
エキスパンダブル機能×
付属品TSAロックキー
アルファベットシール
保存袋
TSAロックキー
アルファベットシール
生産国中国製中国製
カラー展開11種8種
定価(税込み)¥8,800円¥12,100円
国内線機内持ち込み×
新幹線持ち込み
※53Lの( )内はエキスパンダブル機能使用時

サイズ以外の違いはほぼないため、旅先と箔数で購入するサイズを決めると良いでしょう。サイズを選ぶにあたって重要なポイントは以下です。

  • 34Lは3泊まで、53Lは5泊までの旅行におすすめ
  • 34Lは三辺の合計サイズが115cmの為、国内線機内に持ち込み可能(53Lは不可)
  • 新幹線への持ち込みは34L、53Lどちらも可能(特大荷物にならないサイズ)

結論として、国内線機内に持ち込みたい場合は34Lを選択。そうでない場合は普段の旅行は何泊か?を考慮してサイズを選ぶと良いです。

あまちゃん

私の場合は機内に持ち込みたいといった希望は特になく、旅行は3泊前後が多いです。
容量よりも取り回しを重視して34Lを購入しました。

リップル 34L 53L カラー展開の差について

トランジットラウンジのリップルはサイズによってカラー展開に若干差があり、34Lの方がカラー展開が3色多いです。

リップル 34Lリップル 53L
カラー展開11種
ブラック
アクア
ホワイト
ピンク
ピスタチオ
モカ
グリーン
オレンジ
ラベンダー
スカーレット
イエロー
8種
ブラック
アクア
ホワイト
ピンク
ピスタチオ
モカ
グリーン
オレンジ
カラー展開の違い

【レビュー】トランジットラウンジ リップル 34L

実際に購入して国内3泊4日の旅行に使ってみました。移動は品川⇔京都で、新幹線利用です。

あまちゃん

リップルを使って電車、新幹線、バスに乗ってみました

トランジットラウンジのリップル34Lの良いポイントと悪いポイントをまとめると下記です。

リップル:良いポイント

  • マット調で落ち着きがあり美しいデザイン
  • シンプルで使いやすい内側
  • 移動はスムーズで楽、段差にも強い
  • 丁度いいサイズ感で運びやすく、収納時はフラットになる
  • 鍵付きで荷物を預ける際も安心

リップル:悪いポイント

  • 完全防水ではない
  • ポケットがないので別途バッグは必須

マット調で落ち着きがあり美しいデザイン

リップルの表面はマット加工

リップルは綺麗に発色していながらも、マット調でファッションに馴染みやすく悪目立ちしません。

また、さざ波をモチーフにした波紋のようなデザインが施されおり、シンプルながら美しいデザインに仕上がっています。

一方で光沢があるロゴ部分やジップパーツが映えていて、安っぽさは感じません

ロゴ部分
全体像
あまちゃん

個人的にテカテカしているキャリーバッグは嫌だったので、このデザインが気に入っています!

移動はスムーズで楽、段差にも強い

自社開発のスプリングサスペンションキャスター

トランジットラウンジのキャリーバッグは、SAC’S BARホールディングス独自開発のキャスターが採用されています。このキャスターはスプリングサスペンション構造になっていて、衝撃を和らげるとともに走行時の静穏性を高めてくれています。

実際に使ってみると、キャスターはとてもスムーズで持ち方を選びません。歩道やエスカレーターの段差も違和感なく楽々移動することが出来ます

通常の移動時もサスペンションのお陰で手への振動が和らいでおり、疲れにくく感じました。

また、走行音は静かで全く気になりません。あまりうるさいと早朝や深夜の住宅街では使いづらいですが、その心配はありませんでした。

シンプルで使いやすい内側

キャリーバッグを開けてみると、両サイドにポケットが配置されています。

内部全体像

左側は2分割されていて、右側は1面の仕様です。2分割側はダブルジップになっているため、片面だけ開けることも可能です。

内側の各ポケットはダブルジップになっている

左側には服よりも比較的取り出す頻度が多い小物をここに収めると良いでしょう。右側についても小物に使っても良いですし、雑誌などの大きくて平べったいものを入れることも可能です。15.6インチのノートPCがぴったり入るくらいのサイズ感です。

二分割されている左側。小物を入れるのに適している
右側。15.6インチのノートPCがぴったり入るサイズ感

更に外側のジップを開くとメインの収納部分になります。

メイン収納部分。柔軟性があり記載量以上に入る印象

厚手のパーカー・スウェットであれば3枚程度、Tシャツであれば8枚程度入ります。一人で2~3泊程度であれば、片面だけで衣類は全て納められる印象です。多めに入れてジップをしっかり詰めれば、リュックに衣類を詰める場合と違って服に皺も出来ずらいですね。

厚手の冬物衣類なら3枚
薄手のTシャツ類なら8枚以上は入る

右側も同様の収納があり、まだまだモノを入れることが出来ます。ただ、こちらには手持ちの支柱が2本入っている為、左側よりも少しせまくなるかもしれません。

右側は支柱があるので、左側より少し狭くなる
あまちゃん

ちなみに手持ち側の方が持ち運びに荷重が掛かるため、手持ちのある右側に重量のあるものを仕舞うと良いらしいです。

これだけ収納出来れば、3泊程度の旅行なら帰宅時のお土産も含めて全て仕舞うことが出来そうです。

丁度いいサイズ感で運びやすく、収納時はフラットになる

キャリーバッグとしては小型ですが、国内旅行には使いやすいサイズ感です。

写真を撮るのを失念しましたが、新幹線では足元の空間に収まりますし、勿論荷物置きにもおけます。エスカレーターの1段にもピッタリ収まるので、移動もしやすいです。

ハンドル部分を収納すると、持ち手も含めてほぼフラットになるので、荷物の占有範囲が最小限で済みます。車を使う場合に詰め込みやすいですし、旅行に行っていないときでも綺麗にしまっておけます。

フラットなデザインのハンドル部分

ちなみにキャリーバッグのハンドル部分の長さは3段階で調節が可能です。私は一番長い状態で使っていました。身長が180cmとかある方だともしかしたら短く感じるかもしれません。

ハンドル調整は三段階。女性の方でも安心

鍵付きで荷物を預ける際も安心

リップルはTSAロックの鍵が付いています。※付属の鍵は2つです。

TSAロック機能。YKK製ジップが使われており、しっかりとロックしてくれる

ダブルジップをそれぞれ既定の場所に差し込んだら、鍵を挿して回すことでロックが出来ます。

解除の際は同じく鍵を入れ手回し、スライド部分を押すとジップの部分が外れます。

ジップを取り付けて鍵を回すとロック
ロックを解除した状態で上にスライドするとジップが外れる

余談ですが、TSAロックの為アメリカ(ハワイ含む)渡航の際に、鍵をかけて荷物を預けることが可能です。

完全防水ではない

すんごい雨を直受けしてたら浸水する可能性はあるかも?

外側は当然防水仕様ですが、ジップ部分から水は入ると思います。ただ、相当な豪雨を傘無しで歩くとかしなければ特に問題にならないです。実際に旅行で使って、帰宅時に雨でしたが特に問題ありませんでした。

ポケットがないので別途バッグは必須

リップルはサイドポケットなし

リップルはサイド部分にポケット等がないので、すぐにモノを取り出すことが出来ません。その為、財布などのすぐに取り出したいモノを入れるバッグは別途必要になるでしょう。

バッグを使う場合、持ち手部分に引っかけられるバッグを使っていればキャリーバッグと一緒にそのまま持ち運ぶことが出来ます。

トランジットラウンジに限らず、この形のキャリーバッグはどれもリュックを別途使う想定になると思います。キャリーバッグのみで移動したい場合は注意してください。

【参考】利用者の声

トランジットラウンジ リップルのまとめ

改めて、トランジットラウンジのリップルをまとめると以下の通りです。

リップル:良いポイント

  • マット調で落ち着きがあり美しいデザイン
  • シンプルで使いやすい内側
  • 移動はスムーズで楽、段差にも強い
  • 丁度いいサイズ感で運びやすく、収納時はフラットになる
  • 鍵付きで荷物を預ける際も安心

リップル:悪いポイント

  • 完全防水ではない
  • ポケットがないので別途バッグは必須

悪いポイントとは書いていますが、多少の雨は全く問題ないですし、バッグも別途も持ち歩く前提だったため正直デメリットとはあまり感じませんでした。

私は34Lを購入しましたが、¥8,800円という価格で旅行の移動が圧倒的に楽になり、旅行先で全力で楽しむことができました。

また、毎度帰りはお土産の袋を沢山持ち歩いて大変でしたが、今回はお土産も含めてキャリーバッグに全て詰め込めたので、帰りの持ち物も行きと同じくキャリーバッグとリュックだけで済みました。旅行の帰りは特に疲れが溜まるので、帰宅時はとてもに楽になりました。

安価で使い勝手のよいキャリーバッグを探している方にはとてもおすすめです。私の場合はAmazonで購入して翌日には届き、すぐに旅行の準備に取り掛かれました。Amazonや楽天で買えるという点も嬉しいですね。

トランジットラウンジのキャリーバッグは保証が1年間ついています。通常使用で壊れてしまった場合、保証対象となるので頻繁に旅行に行く方でも安心です。

楽天でしたらポイントも付きますし店舗で購入するよりお得に。是非チェックしてみてくださいね。

[トランジットラウンジ]リップル 34L
created by Rinker
[トランジットラウンジ]リップル 53L
created by Rinker

補足:頻繁に使わないならレンタルという手もあり

頻繁に旅行に行かない場合は、買わずにレンタルという手もありますよ。

特に大きいサイズのスーツケースをお求めの場合は、保管場所も取るのでレンタルという選択肢を視野に入れても良いでしょう。

【アールワイレンタル】なら往復送料無料&即日発送&無償保証の安心サービス付きで安心です。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次